ライトユーザーが愛用するスマートフォンについて

デスクトップパソコンを所持しないユーザーが増えています。理由はデスクトップパソコンの性能が向上し過ぎたからです。コンピュータは人間の持つスキルに応じてポテンシャルを発揮します。つまりスキルが低い人間では十分な潜在能力を発揮出来ないのです。コンピュータの性能が低かった時代には、ポテンシャルが低かったので十分なスキルを持たなくても有効活用出来たと言えます。それらを支えていたのは便利なアプリケーションでしたが、本当に役立つ製品は少数だったのです。つまり特定のアプリケーションを多少使用出来れば、コンピュータを作業に役立てる事は出来ます。しかし現代ではハードウェアだけでなくソフトウェアも充実しているのです。代表的な表計算ソフトであるエクセルを使用出来る人と、様々なソフトウェアを有効活用する人とは大きな差が生じます。よってパソコンの操作スキルが低い人は、デスクトップパソコンよりも低いスペックのハードウェアで十分だと考えるようになったのです。そして人気を集めているハードウェアはスマートフォンだと言われています。スマートフォンは高機能型の携帯電話であり、従来型の製品であるフィーチャーフォンの後継機と称される製品です。従来型の携帯電話と異なりソフトウェアをインストール出来るOSが標準搭載されています。それ故にライトユーザーがパソコンの代わりに所有するケースが増加しているのです。入力方法に関してもスマートフォンは優秀だと評価されています。キーボードを接続する事は不可能ですが、フリック入力と呼ばれる独特のシステムが用意されているのです。フリック入力に慣れた人の中には、キーボード入力よりも高速な操作を実現している人もいます。難点はディスプレイが小さいため、文章全体を見通すのが難しい点です。しかしユーザーが不満を抱えている問題点は少しずつ解決が進められています。現にスマートフォンを便利に使うためのハードやソフトが登場しているのです。

Menu

HOME

TOP