ゲーム内課金が一般的なスマートフォンのゲームについて

コンシューマー機のゲームと違い、スマートフォンのゲームについて変わった特徴があります。まずコンシューマー機というのは、任天堂でいえばWiiや任天堂DS、ソニーで言えばプレイステーションシリーズのことを指します。スマートフォンというのは、スマートフォンでやれるアプリケーション系統のゲーム全般のことを指します。さて、いったいどのような変わった特徴があるのかというと、コンシューマー機のゲームソフトは、まずユーザーは最初に一定の金額を支払った後にソフトを受け取る形になっています。そのソフトのほとんどは(一部は有料ダウンロードコンテンツなど、さらにお金を支払うことで追加のゲーム要素をプレイすることが可能です。)最初にある程度のお金という対価を支払うことで、売買の契約は終了しており、エンディングまでプレイイングすることが可能です。では、スマートフォンのゲームのほうはどうなのでしょうか。ほとんどのスマートフォンのゲームは、基本無料でプレイすることができます。誰もが最初はお金を払わずとも、スマートフォンのほとんどのゲームは遊ぶことができるのです。では、どこにお金を支払う要素があるのかというと、ゲーム内課金という新しいシステムで遊ぶスタイルが多いようです。そのゲームをプレイする上で有利に働くようなアイテムをお金を払って手に入れる課金アイテムや、特別なキャラクターを使用するために課金したりと、どれだけの追加要素を手に入れてどれだけの金額を支払ってそのゲームを遊ぶかどうかはプレイヤーに委ねられるのです。この違いは実に変わっていて面白く、またちょっと遊びの限界が想像できないなと私は感じました。コンシューマー機は最初に大きな金額を支払うことで、最後まで遊ぶ尽くすことができます。だいたいは五千円から一万円程度でしょうか。逆にスマートフォンの基本無料課金型のゲームは、最初こそ無料ですが、さらに有利な状態で遊びたいと願うならば、それこそ数万円から数十万円課金する猛者も現れます。どちらが良いかはわかりませんが、最近は色々なタイプの課金型ゲームが増えているようです。

Menu

HOME

TOP