• »
  • スマホゲーム関連記事

「スマホゲーム関連記事」 一覧

スマホの操作方式に悩まされるエルブリッサ

“エルブリッサは、スマホでは珍しいタイプのシューティングゲームで、最近になってリリースされた新しいゲームです。
スマホのゲームといえば、基本的には複雑な細かい操作が必要とされないタイプのゲームが多く、アクション系ですら敬遠されつつあったのですが、それよりもさらに複雑な操作を必要とされるシューティングという分野において、決して万人に好かれるというジャンルではありません。
まず、何故スマホゲームでシューティングがダメなのかというと、スマホの操作方式が大きいと言えます。
スマホというのは、基本的に画面をタッチすることで操作するわけですが、指で押すということは指で画面が少なからず隠れてしまうということです。
シューティングゲームというのは、敵が打ち出した弾を避けて自分の弾を撃ち込んで撃破していくゲームですから、少しでも弾が見えなくなる可能性があるというのは、大きなマイナスポイントといえます。
敵の弾を避けるには、敵が撃った弾の軌道を予測し、そこに自機を置かないことですが、指で隠れてしまうということは一瞬とはいえ目を離すのと同じで、単調な弾筋であったとしても途端に避けるのが難しくなってしまうものです。
エルブリッサも、操作性に関しては努力をしている感じは窺えますが、決してスマホのシューティングにおける問題点そのものを解決したとは言い難いゲームです。
自機が弾を発射するのはオートで、操作だけに集中出来るようにはしていますが、やはりスマホの画面サイズの中に指が入るというのは目線を隠すことに繋がって不愉快ですし、大画面のスマホであってもやっぱりその辺は気になってしまいます。
最初のうちの簡単なステージであれば、ストレスなくプレイ出来ますが、後半になって敵の弾が増えてくるステージになると、よりそのイライラは募ってくるでしょう。そんな時はエルブリッサ 強化石で武器を強くするしかありませんね。
しかし、今後もしこのような根本的な問題点の改善が見込めることが出来れば、エルブリッサも白猫プロジェクトのように大きな人気を得られることでしょう。

ゲーム内課金が一般的なスマートフォンのゲームについて

コンシューマー機のゲームと違い、スマートフォンのゲームについて変わった特徴があります。まずコンシューマー機というのは、任天堂でいえばWiiや任天堂DS、ソニーで言えばプレイステーションシリーズのことを指します。スマートフォンというのは、スマートフォンでやれるアプリケーション系統のゲーム全般のことを指します。さて、いったいどのような変わった特徴があるのかというと、コンシューマー機のゲームソフトは、まずユーザーは最初に一定の金額を支払った後にソフトを受け取る形になっています。そのソフトのほとんどは(一部は有料ダウンロードコンテンツなど、さらにお金を支払うことで追加のゲーム要素をプレイすることが可能です。)最初にある程度のお金という対価を支払うことで、売買の契約は終了しており、エンディングまでプレイイングすることが可能です。では、スマートフォンのゲームのほうはどうなのでしょうか。ほとんどのスマートフォンのゲームは、基本無料でプレイすることができます。誰もが最初はお金を払わずとも、スマートフォンのほとんどのゲームは遊ぶことができるのです。では、どこにお金を支払う要素があるのかというと、ゲーム内課金という新しいシステムで遊ぶスタイルが多いようです。そのゲームをプレイする上で有利に働くようなアイテムをお金を払って手に入れる課金アイテムや、特別なキャラクターを使用するために課金したりと、どれだけの追加要素を手に入れてどれだけの金額を支払ってそのゲームを遊ぶかどうかはプレイヤーに委ねられるのです。この違いは実に変わっていて面白く、またちょっと遊びの限界が想像できないなと私は感じました。コンシューマー機は最初に大きな金額を支払うことで、最後まで遊ぶ尽くすことができます。だいたいは五千円から一万円程度でしょうか。逆にスマートフォンの基本無料課金型のゲームは、最初こそ無料ですが、さらに有利な状態で遊びたいと願うならば、それこそ数万円から数十万円課金する猛者も現れます。どちらが良いかはわかりませんが、最近は色々なタイプの課金型ゲームが増えているようです。

白猫プロジェクトはとてつもないプロジェクト

白猫プロジェクトをプロジェクトとして捉えるという観点はこれまでのところ取られておりません。このようにプロジェクトを名乗っている作品をプロジェクトとして捉えて、そのプロジェクトとしての良し悪しを問うということは当然でありましょう。しかし、白猫プロジェクトがとてつもないプロジェクトであるということはほとんど明らかなのではないでしょうか。
やはり、白猫と言うところが素晴らしいのではないでしょうか。犬ですと、どうしてもちょっと懐きすぎるということがあります。忠犬ハチ公なんかは、飼い主に相当愛されていたようであり、それゆえに愛情で結ばれていたのであり、忠実というだけではなかった、と言うような趣旨の番組が放送されておりましたが、このようなものはつまらないと言わざるを得ません。忠とかいうような価値観を犬に投影していただけであるということは明らかではないでしょうか。しかも、別に忠の中に情愛があるというようなこと自体は日本文化論的な観点からも珍しいわけではありません。だからこそ、このような番組を放送することもできるのかもしれませんが。
しかし、白猫について言えば、そんなにつまらない番組を作るのはおそらくは不可能でありましょう。猫と言えば「吾輩は猫である」を直ちに連想いたしますが、この作品の猫などは、決してそのような情緒に陥ってしまうことはないでしょう。偉い人はだいたい犬よりも猫が好きであると言われております。犬が好きな人でも、犬のような生き方をしようと言うような人はおそらくはほとんどいないのではないでしょうか。猫が好きな人は、大概猫のような生き方をしたいと思っているはずでありまして、ですから、猫好きのほうが一貫性があるように思われてなりません。この点は、白猫プロジェクトについても同じではないでしょうか。このような作品が好きな人は言行一致を貫くことができる人でありまして、道徳的なのではないかと思われます。

短時間で楽しめるスマートフォンのゲームアプリ

ゲームは暇つぶしにやるもんであって、そこにお金をかけるなんて論外みたいなことをいう、生意気な炎上みたいなものに巻き込まれた少年を思い出しますが、当たらずといえども遠からずなんですよね。本当にその通りだと思いますよ。

スマートフォンってゲーム機じゃないですからね。色々なものをデジタルで表現できるマルチデバイス端末機なんです。そのさまざまなアプリケーションの中のひとつに、ゲームアプリがそこはかとなく凛と咲く花のように存在しているだけの話です。なので、じっくりと時間をかけて楽しむようなものは向いていないわけではないですが、そこまでたくさんのスマートフォンユーザーに求められていないんです。

どっぷりとゲームの世界に没入感を得られるようなものって、どちらかというとエックスボックスワンやプレイステーション4のいわゆる箱型ゲームの使命ですよね。スマホは単なる、何かのついでの空き時間やスキマ時間を埋めるための暇つぶし的に楽しめればいいゲームアプリで十分なんですよね。ちなみに誤解してほしくないのですが、だからといって適当でチープな作りでいいというわけではないですからね。スキマ時間でも十分に楽しめるようなゲーム性のあるゲームアプリをどんどん作ってもらいたいというのが本記事の狙いなんですよ。

短時間、そしてスマートフォンならではの操作の壁、この2大障壁をいかに上手に乗り越えて、人々が楽しめるようなゲーム性のあるものを仕上げてくれるかって今後に期待しているわけです。やっぱり人間、縛りがある方が燃えるタイプの人も少なくはないですから、こういう縛りがあって初めて優れたアイディアが浮かび上がってきている人も少なからずいるはずです。その人たちの珠玉のゲームアイデアの爆発に期待したいってことなんですよ。芸術は爆発だって名言もあるので、真似しているようで心苦しいですが、本音で言ったらもっともっと短時間でも楽しめるものが増えてほしいってことですよ。

スマホゲームの課金システムについて思うこと

スマホゲームで遊んでいる人って今は老若男女多いですよね。電車に乗っていてもスマホを見ている人は多いですし、待ち合わせをしているような人もスマホで何かを操作している人ばかりを見ます。もちろんスマホでできることはゲームだけではありませんので、メールをしたりLINEをしたり、もしかするとお仕事をしている人だっているかもしれません。でも電車のような混雑した場所で、他人に見られても気にならないようなスマホでできることってやっぱりゲームなのかなあとも思います。ひと昔前なら、良い大人がケータイでゲームをするなんて、と思われていたかもしれませんが、今なら普通ですもんね。うちの50代の母親ですら、ねこあつめなんかの放置系のゲームを楽しんでいます。私もいくつかスマホゲームをプレイしたことはあるんですが、新しいゲームをする度に思うのは、上手に課金したくなるように作ってあるなあということです。パズル系のスマホゲームなら、時間切れになった後で、課金アイテムを使えば制限時間をあと○秒追加できるよ!という表示が出たり、もう少しでハイスコアだよ!とさらに誘惑されるようなことを言われたりもします。RPGなら時間の経過で回復するプレイ権が、課金アイテムですぐに全快になったり、敵に負けた後でもっと強くなる武器を手に入れれば勝てるよ!と課金が必要なガチャに誘導したり。人間の悔しいとかもっとプレイしたいとかこの敵に勝ちたい、もう少しなのに!という気持ちをすごくうまく煽ってきますよね。ガチャに関しては射幸心を煽るような方法は駄目だと言われたりもしているので、問題がないとは言い切れないのかもしれません。それでもやっぱり上手に課金へとプレイヤーを導いているなと感心してしまいます。ゲームにハマっていればハマっているほど、そんな誘惑を振り切るのは苦しくなってしまいますが、自分の経済状態を考えずにスマホゲームへ課金しすぎた結果、破産に至るような人まででてきてしまっているようですので、自分の欲望と上手に付き合えるようにしないとスマホゲームを心から楽しむのは難しいのかもしれませんね。

レコードキーパーでお気に入りのキャラを鍛えまくる

ファイナルファンタジーシリーズって楽しいですよね。ストーリーはあまり整合性のないナンバリングタイトルばかりですが、そこはそこで置いておいて、ノリと壮大なスケール、そして魅力あふれるキャラクターの味を楽しむというくらいがちょうどいいかもしれないです。

そういえば、今はファイナルファンタジーシリーズのナンバリングタイトルとして15がプレイステーション4でリリース予定のようですが、まだまだ先になりそうなので、ファンにはやきもきした時間が続くかもしれませんね。ただ、今はスマートフォンのゲームアプリである、レコードキーパーがあるから、これを楽しんでいるだけで、気づいたら最新の15がリリースされていたなんてこともあるかもです。

レコードキーパーは今までのシリーズのキャラクターが総登場という触れ込みだけあって、ファンには感慨深いものがあるでしょうし、さすがスクウェア・エニックスだけあって、既存ゲームの枠に収まらない、上質なゲームメイクが売りになっているように感じていて、単にキャラ物では収まらない完成度の高いゲーム性が組み込まれているといえるでしょう。それにしてもレコードキーパーはニクイですよね。ファンのツボが分かっているといえる要素があります。

たとえば、リディアってファイナルファンタジー4の主要5キャラクターのひとりですが、初期の頃は子供で、幻界にいると現実と時の流れが違うため、いっとき離脱した後に再開すると、大人リディアになっているじゃないですか?普通は、最高にパワーアップして魅力がアップした大人リディアだけを起用すると思うんですが、不完全こそが魅力でもある子どもリディアもしっかりと実装してきましたからね。つまり、大人リディアも子どもリディアもレコードキーパーには存在しているので、どちらのファンでも、好きな様に鍛えて楽しむことができるというわけです。もちろん、各キャラクターによって、強弱はありますが最強を求めなければ、十分に楽しめます。

初心者でも簡単に遊べるスマートフォンゲーム

スマートフォンはパソコン以上の利便性を実現していますが、所有目的の多くは連絡手段の確立です。携帯していれば何処でも連絡を取り合えるデバイスが人気になるのは当然だと言えます。しかし様々なソフトウェアが利用される可能性がある以上、不慣れな人でも扱えるようにした方が利益を得られる可能性が大きいのです。それが影響してスマートフォンのゲームは難易度が初心者向けだと言われています。スマートフォンのゲームの人気ジャンルは、簡単操作で遊べるパズルやアクションのゲームです。誰でもプレイ出来る難易度であれば多くの人が楽しめるため、今まで無関心だった人が興味を抱く可能性があります。そして僅かな操作で画面上に大きな変化が生まれれば、強い爽快感を感じる事は間違いありません。以上の理由からスマートフォンのゲームは強い爽快感を何よりも重視しています。同じ様なゲームシステムが多いにも関わらず、利用者が離れ難いのは表現方法に違いがあるからです。ゲームの進化はグラフィックと断言する人が存在する事からも、画面上の表現が重要なのは確かだと言えます。それを存分に取り入れたスマートフォンのゲームが支持されたのは必然的な流れです。しかし初心者に向けられたゲームでも玄人が楽しめる余地があります。例えばリズムに合わせて画面にタッチするゲームは、スマートフォンの中でも人気ですが源流はゲームセンターのリズムゲームだと言われているのです。ゲームセンターのリズムゲームは高い難易度で知られており、初心者お断りの精神を持つと揶揄される事もあります。その問題がスマートフォンのゲームに活かされたのは驚くべき事実だと評価されているのです。固定ファンを多数抱えているゲームが人気なのもあり、リズムゲームのファンも多数参入しています。彼らのために初心者向けのモードの他に、達人が対象の難易度も存在しているのです。より多くの人に楽しんで貰うという精神が成功に導いたと言えます。

スマートフォンで最も便利なアプリについて

スマートフォンといわゆるガラケーとのもっとも大きな違いはアプリが使えるかどうかでしょう。楽しく面白いアプリや便利なアプリなどいろいろなアプリが無料であれば素晴らしいし、有料であってもそれ以上の価値があると考えれば安い価格で良いアプリを利用できればそれはそれで素晴らしいといえます。
私の場合はアンドロイド系スマートフォンを利用していますので、グーグルのサービスとリンクしたアプリが便利なことがおおく、よく利用していますが、その中でもスマートフォンを使いだしてからもっとも便利に使っているのがグーグルマップのアプリです。無料で使えることも素晴らしいと思います。
仕事でもプライベートでも利用していますが、仕事では初めて訪問する仕事上の場所でも迷わずに行けますし、プライベートでもルート検索などを駆使しますと、迷わないだけではなく、最短の経路や時間短縮に役立っていることは明らかです。例えば、プライベートで始めていくようなレストランがあるとすれば、そのレストランの名称を打ち込むだけでほとんどの場合でその名称がヒットしますので、名称がヒットすればそんなに苦労することなくその場所まで行くことができます。
グーグルマップもグーグルの主要なサービスの一つでありますから、スマートフォンだけではなく、タブレットパソコンやノートパソコンなどとも連携がクラウドでされているので、たくさんのデバイスで同じ操作で利用できるのはかなり便利です。それにアプリでありますから、より便利な機能が時間が経つにつれてアップされていきますから、だんだんと便利なものがより便利になっていくのも素晴らしいと思います。
ただ、いくつかの不満もあります。店舗名が新しい場合などは店舗の名称がヒットしない場合に住所で打ち込む場合も多いのですが、その際には住所を店舗名に変更できないのは少し不便に感じてしまいます。何か意図があると思いますが、できれば名称変更ができるようにしてほしいものです。

ライトユーザーが愛用するスマートフォンについて

デスクトップパソコンを所持しないユーザーが増えています。理由はデスクトップパソコンの性能が向上し過ぎたからです。コンピュータは人間の持つスキルに応じてポテンシャルを発揮します。つまりスキルが低い人間では十分な潜在能力を発揮出来ないのです。コンピュータの性能が低かった時代には、ポテンシャルが低かったので十分なスキルを持たなくても有効活用出来たと言えます。それらを支えていたのは便利なアプリケーションでしたが、本当に役立つ製品は少数だったのです。つまり特定のアプリケーションを多少使用出来れば、コンピュータを作業に役立てる事は出来ます。しかし現代ではハードウェアだけでなくソフトウェアも充実しているのです。代表的な表計算ソフトであるエクセルを使用出来る人と、様々なソフトウェアを有効活用する人とは大きな差が生じます。よってパソコンの操作スキルが低い人は、デスクトップパソコンよりも低いスペックのハードウェアで十分だと考えるようになったのです。そして人気を集めているハードウェアはスマートフォンだと言われています。スマートフォンは高機能型の携帯電話であり、従来型の製品であるフィーチャーフォンの後継機と称される製品です。従来型の携帯電話と異なりソフトウェアをインストール出来るOSが標準搭載されています。それ故にライトユーザーがパソコンの代わりに所有するケースが増加しているのです。入力方法に関してもスマートフォンは優秀だと評価されています。キーボードを接続する事は不可能ですが、フリック入力と呼ばれる独特のシステムが用意されているのです。フリック入力に慣れた人の中には、キーボード入力よりも高速な操作を実現している人もいます。難点はディスプレイが小さいため、文章全体を見通すのが難しい点です。しかしユーザーが不満を抱えている問題点は少しずつ解決が進められています。現にスマートフォンを便利に使うためのハードやソフトが登場しているのです。

スマートフォンを操作するときの姿勢について

 スマートフォンを所持している人は、無意識にスマートフォンを操作する癖がつきやすいです。ちょっと暇になったらとりあえずスマートフォンを操作するという人は、とても多いのではないでしょうか?その行動そのものがいけないというわけではありませんが、気をつけなければいけない点があります。それは、スマートフォンを操作しているときの姿勢です。

 スマートフォンを操作しているときは手元のスマートフォンを当然見ますので、やや前傾姿勢になります。すると、首が前傾した形になり、かなりの負担がかかります。また、それと同時に肩にも負荷がかかっています。その態勢をずっと続けていると、首に痛みを感じたり、肩こりを感じたりなど体の不調を訴えたりします。

 また、首の湾曲が失われてしまう「ストレートネック」なる症状になりやすくなってしまうのも、スマートフォンを操作する人ならではの特徴です。ストレートネックになるとめまいや頭痛などを感じやすくなり、酷くなるとそれらが重症化してしまうこともあります。

 それを考えると、スマートフォンを長時間操作することは体に対して意外に大きな負担がかかっていると心得なければなりません。その姿勢が体に対して悪影響を与えるならば、スマートフォンを必要でないときも操作するのは控えたほうが身のためです。

 また、スマートフォンを操作するときは、なるべく前傾姿勢にならないよう注意したほうが良いということになります。手でスマートフォンを持ち上げるのは負担かもしれませんが、そちらのほうが体全体にかかる負担は軽減できます。1日に数回しかスマートフォンを使わないならばそんなに心配することはありませんが、長時間スマートフォンを使用している人はちょっと注意が必要です。

 スマートフォンの便利さは人の役に立っていますが、使い過ぎると体に対してあまり良くありませんので、その点を少しでも頭に入れておき、注意しながら使っていくことが大切です。

Menu

HOME

TOP