Index

誰もが持ってるスマートフォンでできることについて

今、スマートフォンは誰もが持っていると思いますし、急速に全体的に普及してきた、と思いますね。
だれもがもっているこちらのスマートフォンですが、本当に素晴らしいと思います。
どういった点が素晴らしいのか…というと、まずスマートフォンにできることがたくさんあるからです。
従来の携帯電話は話すことだけができることでした。
また、たとえば、メールなどができたとしても、50文字までのショートメールというのが主な機能で、ほかにはなにもできませんでした。
また、着メロなどもチャイムのような一定の音しか出ませんでした。
しかし、今は、メールは無制限に送ることができますし、またチャットもできます。
また、さらには着うたなんかもたくさん聞けますし、またCDのような音で聴くことができます。
またさらには、着うたのほかにも、たくさんの音楽や動画を聞くことができるのです。
またさらには、たくさんのインターネットサイトを観たりすることが出来たり、さらにはゲームをしたりすることができます。
昔の感覚から考えると、本当にすごいと思いますし、かなり進化していると思います。
しかも、最近の携帯電話では、たとえば、お財布代わりに、おサイフケータイとしてさまざまな支払いをすることが可能となっています。
たとえば、駅の切符などを支払うこともできますし、またさらにはすべての料金を払うことができるのです。
またさらには、居場所を通知するなど、GPS機能があるのも素晴らしいですね。
こうしたことから本当にすごいと思います。
また、さらには、最近では、インターネットが使えるということで、スマートフォンからたとえば、キャッシングをしたり、さらには何かの申し込みをしたりすることができるのです。
従来は電話でないとできなかったですし、また家の電話からこうした申し込みをするのが一般的でした。
今は、なんでもできてしまうので家に電話機を置かないという人もいるようなのですね。

wiiで楽しくパーティーゲームをプレイしよう

wiiというゲームのハードがあります。一時期、ブームになったゲームハードなので、名前を聞いたことがあるという人も多いと思います。wiiでは多くのゲームが発売されましたが、人気のあるジャンルは、おそらくパーティーゲームであると推測します。
wiiは、プレイステーション3との差別化からなのか、多人数で遊べるゲームが豊富にあります。プレイステーション3では、オンラインゲームや一人で遊ぶゲームが多いのですが、wiiは実際に友達や家族で集まって遊べるゲームが中心となります。オンラインなどで、見知らぬ誰かとゲームを遊ぶというのも、悪くないことではありますが、やはり実際に友達や家族で集合して、一緒になってゲームを遊ぶというのが良いことです。
パーティーゲームでは、ミニゲームやすごろくのようなゲームで遊べるものがあります。ミニゲームは、短い時間制限の中で、指定された条件を守りながら遊ぶもので、やっていると思わず夢中になってしまうものもあります。ミニゲームの場合、数が豊富に用意されていることが多く、みんなで集まってワイワイと遊べば、とても盛り上がって楽しい時間になります。すごろくゲームの方は、サイコロを回しながら遊ぶゲームで、これは目的地に着くまでを競い合ったり、それを妨害したりするなど、色々な行動が出来るので、みんなであれこれ言いながら遊ぶのがおすすめです。
みんなで集まって時間を潰すというのは、実は結構難しいです。テレビを見たりするのもいいでしょうが、面白くない番組だった場合、場がしらけてしまう恐れがあります。その点ゲームならば、時間に関係なく、いつでも面白さを提供してくれるので、安定した楽しさと暇つぶしになります。特にパーティーゲームなら、一度に多人数で遊べるので、誰かがつまらない思いをすることもありません。
みんなで楽しく遊ぶことの出来る、パーティーゲームをやるために、wiiを持っていない人は買ってみるのもいいでしょう。

コンピュータゲームとして最も有名なドラゴンクエストシリーズに

コンピュータゲームと聞くとほとんどの人が真っ先に名前を思い浮かべるのは、やはりドラゴンクエストシリーズではないでしょうか。先にパソコンではドラゴンスレイヤーシリーズやハイドライドがあったとはいえ、ゲームの世界にRPGというジャンルを定着させたのは、間違いなくドラゴンクエストシリーズだと思います。
そもそもそれまでのコンピュータゲームは、自分でプレイヤーを操作して進めていくアクションゲームや、ファミスタなどのスポーツゲームが中心になっていました。そこに登場したのが、プレイヤーの分身としてキャラクターが存在し、そのキャラクターを操作していることによって、あたかもプレイヤー自身が物語の主人公になれるRPGというゲームでした。
そんなRPGというジャンルである、初代のドラゴンクエストを初めてプレイした時は、その面白さにはまってしまいました。私は真面目な学生だったのでしなかったのですが、中にはドラゴンクエストの発売時期になると、学校を休んでプレイする生徒がいたくらいです。また発売日にはドラゴンクエストを求めた客が列をなし、徹夜組みも出るくらいでした。お店によっては抱き合わせ商法といい、売れていないゲームとドラゴンクエストを一緒に売るといった悪徳商法まであり、社会問題にもなっていました。
良くも悪くもコンピュータゲームの知名度を上げ、また地位を上げることにも貢献したのは、間違いなくドラゴンクエストシリーズが一番だと思います。
そんなドラゴンクエストシリーズなのですが、数年前に新作が発売された時はオンラインゲームになったこともあり、賛否両論が起きました。そして多くのプレイヤーがオンラインゲーム化を忌避したこともあり、売り上げは過去最低どころかかろうじて百万本を越えた程度でした。
個人的な見解ですが、やはりドラゴンクエストは一人でやるものであって、先にも述べたように、自分が主人公になれるのが楽しいのであり、主人公が大勢だというのは何かが違うように感じます。製作側もそれを悟ったのか、新作は今まで通りに戻ったので、今後がまだまだ期待できそうです。

Menu

TOP